大谷のこだわり

コンセプトイメージ画像

お家はこれから家族と一緒に過ごす大切な場所ですから、常に綺麗に整え、アフターフォローまでしっかりした業者へ頼みたいと思います。大谷工務店ではそういったお客様のご要望に応えるために、施工からアフターケアまで最後まで責任をもってリフォームを行っています。分からない事などありましたら、いつでもご相談くださいませ。当店の経験豊富なスタッフが親身になってお客様のお気持ちにお応え致します。

当店の強み

  • 設計~積算~施工まで担当者が全て把握しながら業務を進める事で、人件費のロスが少ない。

  • 地域の折込チラシ程度の営業なので営業経費が少なく、その分価格が安い。

  • 施工上の制約が少なく、住む人の都合優先で一品生産の家を作ってもらう事が出来る。

  • 受注者~施工者~アフター管理者が同じなので、施主側の意見が反映されるのが早くトラブルも少なく、コミュニケーションが取りやすい。

  • 家を作品化しないことで施主側のこだわりを具体化できる。

  • 建築材料を良く知っている。

  • 施主側のスケジュールに合わせた施工計画を立ててくれる。

  • 地域に密着していて、評判・口コミでの紹介を大切にしているので施工はもちろん、アフターメンテナンスを大事にしている。

木造建築へのこだわり

  • 家の暖かさを守る優しい断熱性能

    木造住宅は断熱材の使い方次第では優れた断熱性能を発揮します。夏は外の熱気を遮断し、冬は室内の暖かさを逃がしません。様々な環境やどの季節でも快適に過ごすことができます。

  • 木造建築を知り尽くした当店だから出来る高品質設計

    木造住宅ならリフォームにおいても壁を壊して間取りを変えたり増築できたりといった自由度の高い設計が可能です。したがって高齢者向けのバリアフリー改修等ご家族のライフスタイルの変化に柔軟に対応できます。

  • 素材の適正価格が分かるから出せる低コスト

    木造は鉄筋コンクリート造や鉄骨造の建物と比べると構造部分のコストが抑えられます。また面積や木材の木目、ふしの有無、太さ、厚み、樹種等により価格に開きがあります。適所にうまく使い分ければ低コストでも良質な住宅になり、内装や設備に予算を使うことができます。

  • これから長年安心して過ごせる確かな耐久性

    木材の特性を活かして建てた木造住宅は日本の風土にぴったり調和します。家のお手入れの仕方次第では、100年から200年は充分に住み続けることができるように建てることもできます。

  • 強度を知り尽くした私たちだから選べる素材

    同じ重さで木材と他の材料を比べると、曲げ強度は鉄の約15倍、コンクリートの約400倍、圧縮強度でコンクリートの約10倍、引っ張り強度は鉄の約4倍、コンクリートの約200倍以上もあります。鉄やコンクリートのように経年変化と共に強度が低下する無機質な素材と違い、木は乾燥した状態を保つことで長持ちします。

  • 高い防腐性を持たせたプレカット素材

    木は自然材料だけに反ったりねじれたりすることもあります。この弱点をカバーするのがプレカット乾燥材です。乾燥させた木材を、コンピューター制御の工作機械を用いてミリ単位の制度で加工する進化した材料は、高精度の施工を可能にし、腐朽菌やシロアリを寄せない高い防腐性、防蟻性も実現しています。

木材が持つメリット

  • 仕上げによって変わる手触り

    木材は、同じ素材を使っても表面の仕上げによって手触りが違います。ザラザラに仕上げてあるものは暖かくツルツルに仕上げてあるものは冷たく感じます。またガラス、鉄、コンクリート等に比べ手触りがよく手摺や玩具等に利用されることもその表れです。

  • 急激な温度変化をしない安定性

    木材は、コンクリート等に比べ急な温度変化をしないため、長時間立っていても足の冷えをあまり感じない断熱性能に優れた材料と言えます。

  • 紫外線からご家族を守る性質

    肌に悪影響を与えたり目を疲れさせたりする紫外線を、木材は吸収し反射させにくい性質の素材です。(紫外線とは、波長が可視光線である紫色の波長(400~440㎜)よりも外側にある波長で、X線より長い電磁波をいいます。)また、木材は、暖かさを感じさせる赤外線の反射は大きい素材です。

  • 心地よい空間の演出

    バイオリンやピアノなどの弦楽器が、音を大きく響かせるためには幅広の木部を必要とします。私たちが耳にする多くの弦楽器の音色は弦そのものから出ている音は少なく、大半は弦から発せられた振動がこの木部によって響いているのが聞こえているのです。木は室内の音を適度に吸収し、心地よい音に調整してくれます。

  • 最適な湿度を保つ調整力

    暑さ寒さを感じるのは温度だけでなく湿度も関係しています。木材は室内湿度の調整を行っているため湿度は50%前後で一定しています。だから、夏涼しく冬暖かい家になります。また、湿度調整によりカビを抑制する効果もあります。湿度は身体に影響も与えます。湿度が高すぎると不快感を感じ、低すぎるとバクテリアやウィルスを活性化させ風邪をひきやすくなります。

  • 強い衝撃を和らげる力

    木材はショックを受け止めて吸収してくれるので、床や壁が木で出来ていると安心。そして飛び跳ねても痛くないし疲れにくい優しい素材です。

  • 落ち着く香りと消臭・殺菌効果

    木材には、香りの元になる成分が多く含まれており、それらの成分は消臭や殺菌に対して効果があります。